2018年 車中泊1日目(幕張PA)

今年最初の車中泊は京葉道路幕張パーキングエリア下り

1月に車中泊を利用してスノーボードに行く予定がさくらがインフルエンザB型にかかりその後、泰成→蒼生と連鎖して罹り出かけることが出来なく2月に年休を取りスノーボードに日帰りで行こうと予定していたが、FACEBOOKの広告にジャパンキャンピングカーショーが何度も出てきて内容を見てるうちに行きたくなってしまい・・・本来予定していたスノーボードを翌週に変更する代わりに家族で幕張メッセまで行くことに。昨年も幕張メッセでのジャパンキャンピングカーショーには参加させてもらっていて(昨年は入場料が無料でした(^^) )今年は国内最大で360台のキャンピングカーを見ることができるので行くことに。モーターショーと違い、キャンピングカーショーは室内を見ることができ予約すればレンタルキャンピングカーを試乗することもできるので購入を考えている人には実物を隅々まで確認できるので最高かもしれません。また展示会で商談もでき特典もつけてもらえるかもしれません。

子ども達が好きなカップでヤクルト(ヤクルトの食べるヨーグルトです)

 

10時開園のキャンピングカーショー。開園時間15分前に到着するも入場待ちの人で凄い列が・・・。今回はくるま旅グラブの特典で入場者二人まで無料。ということで大人を無料にして子供(小学生)二人分のチケット代で済みました。

開園直後の会場内の様子。バスコン、キャブコンが目立ちます。

今回はいろんな車を見たいのもあったのですが、3月にケイワークスでソーラーパネル設置をお願いしていて予約の確認と代車の手配をお願いがてら訪れました。最初に向かったケイワークスでは開園直後ということもありお客さまも少なくスムーズに〇田サンとお話しすることが出来ました。希望通りの日程で日帰りでOK、代車も可能とのお返事をいただきました。〇田サンありがとうございます。うちの車についていないPOPUPルーフに乗って大満足の子ども達。子ども達からのリクエストでこのPOPUPルーフをつけて欲しいといわれましたが、オプション代100万+工賃60万(家具を外すのに30万、また取り付けに30万)掛かるとのこと。もちろん無理ですと答えました。もし取り付けるなら車の購入時にするべきだそうです(家具がのっていないのでオプション代100万のみで大丈夫だそうです)・・・でも、100万あったら別のことに使いたいな。

この車はDKワゴンナチュラル。ケイワークスの車中泊使用の代表車です。いまは法改正のため3列目シートの横がけがワゴン3ナンバー登録できなくなってしまい8ナンバー登録ですが、シンクに冷蔵庫、床下収納など多彩な装備が付いていて二段ベットを含めると大人2人、子供3人が足を伸ばして就寝する事ができます。

この写真は同じくケイワークス開発の国産トレーラーTRAILWORKS520です。現在はまだ重量が750キロオーバーの為、牽引免許がないと引く事ができませんが現在は重量を減らすために企業努力しているそうです。もし軽くなり牽引免許なしで乗ることができると、キャンピングカー購入時の選択の幅が広がり楽しそうですね。

ベッドもあり荷室もあり積載満載。男のひみつ基地のような存在。何時かはトレーラーを・・夢ですね。

どこの会社が忘れてしまいましが、ハイエーススーパーロングの常設ベット車です。残念なことに就寝人数が大人3人なので西家では全員寝ることが出来ません。

こちらはキャブコンの内部。写真奥に家庭用の冷房が備え付けてあります。今までのキャンピングカーでは家庭用冷房はバッテリーの性能上電力をまかなう事ができなかったのですが最近はディープサイクルバッテリーからリチウムイオンバッテリーになり性能も格段上がり利用できるようになりました。もちろん金額もあがりましたが・・。

普通車にPOOPUPルーフを装備した車両です。

屋根にテントを装備するとは・・・。夏は良いのですが冬はかなり寒いんじゃないかな。ってヒーターとか付けれないから冬は現実的ではないのでは。

ミヤマ仮面とハイチーズ!このミヤマ仮面が私がキャンピングカーに興味を持つきっかけになった人なんです。

結局10時から14時近くまで幕張メッセに滞在しAEON幕張に戻り遅いお昼ご飯。みんなで食べたいメニューが決まらず・・・普段食べないオリジン弁当(おかずを自分とるバイキングスタイル)があり子ども達が

おすすめ投稿