車中泊用のHIACE
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

購入したDKwagoncustom

キャンピングカーが欲しくなり、実際にキャンピングカーショーへ足を運んだり、ネットや雑誌で情報を仕入れて調べたりしていろいろなキャンピングカーを見ることができました。

キャンピングカーと一口に言っても

  • バンコン(ハイエースの様なVANタイプの車の車内をカスタマイズして作成する車)
  • バスコン(トヨタのコースター、日産のシビリアン等)
  • キャブコン(2トントラックがベースとなり荷台部分を架装して居住空間にするもの)
  • 軽キャン(軽自動車がベース)
  • トレーラー(けん引して引っ張るタイプ)

とベースとなる車両が様々でいざ本物を見るとどれを選んでよいのか本当に悩みます。自分にはどのタイプが一番合っているのか悩みに悩みました。今の子供たちの年齢を考えると体も大きくなり限りある室内は当然狭く感じます。なるべく家具等、不必要な装備を減らして子供が成長してもある程度快適に車中泊をできる環境を確保することを考えてベットとなるスペースを広く確保することにしてこの車を選びました。

自分たちのライフスタイルには一体どういう車が一番良いのか考えた結果、家族5人が足を伸ばして平らなベットで寝れることが大切(以前ケイワークスでレンタルキャンピングカーを利用した際、シンクは一切使用しなかったのでシンクレスでよい)という結果になり、シンクレスが可能で10人乗車(家族は5人ですが、祖父祖母と同居のためいざというときに大人数乗れたほうが便利なんです)カスタムが自由に選べるDKwagoncustomを選択しました。10乗りはハイエースワゴンでなければなりません。両側スライドドアのハイエースバンにはあまり魅力を感じませんでした。以前乗っていたエスティマの時は両側スライドドアだったのですが、子供達が運転席側のスライドドアを利用するとき車道側に走って飛び出してしまうので危険と感じました、扉が一カ所ならけんかにならず同じ扉を利用するので安全面からもよいとのことでベース車となる車はハイエースワゴンGLで十分という結論に至りました。

2017年の法改正に伴い、リアシートの横掛けが新規登録不可になってしまい現在(2019年12月7日現在)は発売していません。同じ室内レイアウトでシンクが装備されたDKwagonナチュラルが発売されています。ナチュラルは8ナンバー登録のため横掛け3人シートが可能です。ただし、8ナンバーにするには改造(キャンピング装備)が必要になり、車検時にはキャンピング装備を架装していなければなりません。

左右にオリジナルステッカー

生地はオリジナル。何百種類もある中から選ぶことが出来ます。カタログを見てると色々と目移りしてしまうのである程度生地を絞り込んでもらいその中から選びました

セカンド1400mmシート オプションで1200mmも選択可能でしたが標準装備の1400mを選択

セカンドシート対座モード 左右にあるストラップを引き上げるとシートを回転させることが出来快適なリビングにすることが出来ます。

フルフラット

リアをフルフラットにした時の様子

2段ベット展開時

家族5人で十分寝れます

リアゲートから見た室内

左側に集中スイッチ

床下収納

室内3連LEDライト

リアゲート用網戸

リアゲートに遮光カーテン

セカンドシートLED電球

FFヒータースイッチ

家庭用16インチを装着

ハンドル交換

ピアノブラック

外部充電

FFヒーターマフラー

床下収納加工中

断熱材の張り付け

断熱材貼り付け

ツインサブバッテリー

矩形波インターバー

重歩行用ポンリューム

 

床下収納の使い方

災害の際の非常持ち出し袋や簡易トイレを入れることも可能

HPよりシート生地が違う展開例

イメージが変わります。シート生地はすべてオーダーメイドなので自分の好みにカスタマイズできます。世界で一台のオリジナルキャンピングカーとなります。

ワゴン車(ワゴンGL)の運転席後ろにFFヒーターを装備した写真

おすすめ投稿