2019年 車中泊13日目(道の駅やちよ)

久しぶりに公園に行きたいとリクエストがあり千葉県まで

子供たちからアンデルセン公園へ行きたいとリクエストがあったため週末を利用していくことに。夜間に千葉県まで向かうのですが、時間にゆとりもあるので一般道で向かうことに。

朝ごはんは持ち込みのパンを車内で

道の駅八千代にて車中泊。ほぼ予定通りにたどり着くことができなるべく静かそうな駐車場を選び、FFヒーターの電源を入れ車内をポカポカにして就寝。翌朝は7時半ごろ起床。少し遅めの起床ですが、本日の目的地は道の駅八千代から数分の距離にある船橋アンデルセン公園。そのため車内でゆっくり朝食を食べて道の駅八千代のオープンを待って道の駅で少し買い物をしてから公園へ向かいました。地元密着の道の駅なので地元の農家さんが栽培した野菜などたくさん売られていて朝一番は混みあっていました。石焼芋を売っていたの購入して車内で食べてから目的地へ向かいました。

 

船橋アンデルセン公園

有料の公園ですが、規模も大きくさまざまな年齢に適しているのでうちの家族にも大満足です。

公園には何カ所か駐車場があるのですが、広場に一番近い北側の駐車場に停めることにしました。オープン9時30分なのでほぼオープン時簡に到着するように向かいました。入園料が大人900円、中学生・小学生は200円かかりますが、事前にコンビニで前売り券を1割引きで購入できます。

まずは森のアスレチックから。何度か訪れているこの公園のアスレチックはいろいろなコースがあるので幅広い年齢に適しているので子供から大人まで楽しむことができます。以前に訪れたのは3年前。ハイエースを購入してすぐに大黒パーキングで車中泊して家族で訪れたのを覚えています。以前の記事はこちら

AlpenOutdoorsへ

せっかく千葉県へきたのだからアンデルセン公園から約10キロと距離にしては近いので国道16号を北上してアウトドアショップでウィンドウショッピングしに行きました。

 

おすすめ投稿