冬のふもとっぱらキャンプ場

今年から冬キャンプを実行。と言っても寝床はハイエースを利用ということで、昼間から就寝時まではシェルターにアルパカストーブを利用して寝床はDKcustomの中。

晴天率が高い季節だけあって、見事な富士山を見ることができました。最近のキャンプブームもありこの時期なのにそれなりにサイトは埋まっていましたが、賑やかなグループはいなくソロキャンプ、DUOキャンプ、ファミリーキャンプばかりでした。フリーサイトの中央に炊事場&洗面所(便座もヒーター付き)が新設されていました(炊事場にお湯はでません)しかし、いままでのふもとっぱらとはちがい施設が充実していました。

チェックインは8時30分~17時00分と長め

他のキャンプ場と違いチェックイン時間の幅があるのでうれしい。自宅から約2時間(御殿場まで高速、御殿場からは一般道利用)このキャンプ場はフリーサイトで予約数が1500組に達するまで予約可能。1500組に達した時点で予約不可。なのでいい場所を取りたければなるべく早くチェックインする必要があります。いままで二度利用したことのあるふもとっぱらですが、過去2回ともKworksの星空キャンプでお世話になり、家族だけでの利用は初めてでした。

夕飯と焚き火用に受付へ薪を購入に。広葉樹は火が付きやすく一束500円。写真にはないが針葉樹は火が付きにくいが火持ちがよい。泰成は面倒くさいからまとめてあり持ち帰るだけの広葉樹がいいと言い、蒼生は詰め放題をしてたくさん持ち帰りたいということで、針葉樹の薪を購入することに。受け付けで専用の入れ物を500円で購入して詰め放題。長い薪を敷き詰め細かく刻まれた薪を詰めるだけ詰めて持ち帰りました。

今回は自撮り棒を初めて使ってみました。Bluetoothで簡単接続。思ったより使いやすく自由な角度で写真と撮ることができるので良かった。

昼間は少し風が吹くものの穏やか

本来の予定は9時前に出発して11時過ぎに到着、12時過ぎには設営終了。実際は10時前に出発して12時頃到着。チェックイン後適当に場所を確保してみんなでシェルター作り。

設置が終わりお昼ご飯。

誰かに頼まなくても家族で簡単に記念撮影。中国人しか使わないと思った自撮り棒、役に立ちます。

おやつはみんなでたこ焼きづくり

お昼ご飯を食べて子供たちと少し遊んだ後はおやつにたこ無したこ焼きづくり。入れる具材は自由。今回はウィンナー、柿の種、おせんべい、柿の種のピーナッツ、ポテトチップス、さけるチーズ。

これはピーナッツのみ。はずれかな(笑)

夕飯はダッチオーブンでスペアリブカレー

今回の自宅の仕込みなしで現地でカレー作り。スペアリブのカレー。ダッチオーブンに水とスペアリブだけてしばらく煮込み、そのあと残りの具材を入れて完成。今回は市販のこくまろカレー甘口タイプとゴールデンカレー甘口を利用。出来上がりの写真は撮り忘れたので夕飯の写真はこれだけ。

アルミホイルにはサツマイモを入れて蒸してます。

今日は時より風も吹きましたが天候はくずれず穏やかな一日でした。

食後は焚火&シェルター内でチョコレートフォンデュ

食後はそのまま焚き火タイム。みんなで詰め込んだ薪に火をつけ割りばしに火をつけて火遊び。

20時頃、外気温が-3℃を下回り、寒くなってきたので焚き火を終わりにしてシェルター内へ。ストーブを囲み前回失敗したチョコレートフォンデュをリベンジ。アルミ皿に板チョコを砕き牛乳を適量入れて温めて出来上がり。バナナ、マシュマロ、かもめの玉子、ミスターイトウのビスケットを付けて食べました。自分的にはバナナが一番おいしかったです。

 

翌朝はいつものホットサンド&野菜スープ

なぜか写真が何もなく、コメントのみ。

この時期の日の出に合わせて起床。外気温は-5℃以下。周り一面霜が降りてました。

おすすめ投稿